1. TOP
  2. 温泉お役立ち情報
  3. 知って得する!温泉の種類や成分による効能の違い【パート2】

知って得する!温泉の種類や成分による効能の違い【パート2】

 2015/06/10 温泉お役立ち情報
この記事は約 4 分で読めます。 3,714 Views

まいどっ! 温泉大好きな管理人のぬっくんです。

 

今回は温泉の種類や泉質・
成分による効能の違い
をリサーチします。

※パート2です。

 

自分の肌質や体調に合った温泉をみつけてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

温泉の泉質別、特徴・効能

 

日本の温泉の主要な9種類の泉質について。

 

前回紹介した残りの4種類の
泉質別の特徴や効能について紹介しますね。

 

※前回分はコチラへ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒知って得する!温泉の種類や成分による効能の違い【パート1】

 

ぜひ、温泉選びの参考にしてください!

 

onsen_top_an

 

酸性泉

 

主な温泉地

:登別温泉・酸ヶ湯温泉・大釜温泉(秋田)・蔵王温泉・草津温泉・黒川温泉など

 

【特徴】

刺激が強く、高齢者や肌の弱い人には向かない。

殺菌効果が高く、肌の自然治癒力を高めるといわれています。

 

【効能】

・慢性皮膚病、にきび、水虫、慢性婦人病など。

・飲用で貧血や慢性消化器病に良い。

 

 

放射能泉

 

主な温泉地

:登別温泉・有馬温泉・天竜峡温泉・三朝温泉(鳥取)・川棚温泉、湯野温泉(山口)・匹見峡温泉(島根)など

 

【特徴】

・無色透明で微量のラドンやラジウム、放射能が含まれる。

・放射能は気体となり空気中に散って、人体への悪影響の心配はないそうです。

 

【効能】

・高血圧、動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病など。

・微量の放射線による効果で免疫細胞が活性化されるそうです。

・飲用では痛風や慢性消化器病、神経痛や胆石などに効くようです。

 

 

硫酸塩泉

 

主な温泉地

:浅虫温泉(青森)・蔵王温泉・奥久慈温泉郷・四万温泉・箱根強羅温泉・赤倉温泉・富士五湖鐘山温泉・下諏訪温泉・伊豆湯河原温泉・玉造温泉(島根)・阿蘇温泉など

 

【特徴】

・無色透明で苦みがある。

・『傷の湯』や『脳卒中の湯』と呼ばれることもあるそうです。

 

【効能】

・動脈硬化症、やけど、切り傷、慢性皮膚病、痛風・糖尿病など。

・硫酸塩は肌を柔らかくする効果があるので、痛風や神経痛などに効くようです。

・飲用では胆石や痛風、便秘や糖尿病に良い。

 

スポンサーリンク

 

含鉄泉

 

主な温泉地

:新安比温泉(岩手)・鳴子温泉・五色温泉(群馬)・不老温泉(長野)・長良川温泉・吉野温泉(奈良)・鉄輪温泉など

 

【特徴】

・湧出時は無色透明だが、空気に触れると褐色に変わる。

・殺菌消毒作用があり、また保湿効果も高いそうです。

 

【効能】

・貧血、慢性消化器病、不妊症、婦人病、更年期障害、慢性皮膚病など。

・飲用では、貧血や慢性の消化器病などに効く。

 

 

以上。

皆さん、是非参考にして、自分にあった温泉をみつけてくださいね!!

 

⇒知って得する!温泉の種類や成分による効能の違い【パート1】

⇒温泉の効能を120%活かす!効果的で正しい入浴方法とは?

 

スポンサーリンク

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

温泉が「いいねっ!」の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

温泉が「いいねっ!」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ぬっくん紹介 ぬっくん一覧

ぬっくん

温泉大好きな管理人の”ぬっくん”です。日本全国の温泉や温泉宿・ホテルの情報、温泉の健康法などなど提供していきます!

コメントを残す

*

ぬっくん  記事一覧

  • 【生薬のめぐり湯】温泉成分配合の入浴剤を実際に使ってみた!

  • 【月洸樹】”黒川温泉の究極の宿”でとびっきり贅沢な時間を!

  • どうして!? 温泉に入って疲れる理由は。疲れない入り方とは!

  • 【1万円以下で泊まろう!】箱根温泉の安くていい宿を厳選

関連記事

  • 【ママ必見!】赤ちゃんの温泉デビューはいつからOKなの?

  • おひとり様歓迎!女性1人もOK。レディースプラン付温泉宿・1

  • 【美容に最適】温泉の美肌効果やデトックス効果とは

  • アトピー治療に温泉は有効!? 泉質による向き不向きはあるのか

  • 温泉の効能を120%活かす!効果的で正しい入浴方法と注意点

  • 【ここが人気!】ペットと一緒に泊まれる温泉旅館を厳選